テクノロジー

テクノロジーのカテゴリーについて

どうも、ねこん(@nekon26)です。

ブログ書くのって凄いですね。記事数、よく考えられた文章や配置、続けることの根気。どれをとっても凄まじいことです。私もその域まで到達できるように精進していきます。まずは50記事到達するのを目標です。

今後書くテクノロジーのテーマとは

今回は、色々と実験しながら記事を書いてみようと思います。

まず、見出しを作ってみました。文字の羅列よりかはメリハリがつくかな?

後はサムネイルを少しイジりたい。ちょっと実験的サムネイルです。

さて、今回のカテゴリーはテクノロジーですが、すこしフワッとしてるので、どんな内容になるのか、掘り下げていきたいと思います。

テクノロジーは直訳すると、科学技術工業技術です。わかりやすく言うとドラえもんみたいなところでしょうか。ドラえもんの道具ってワクワクしますよね。どこでもドアとか、タケコプター、皆さんも夢見てきたこともあるんではないでしょうか。

さすがに、どこでもドアが出来るとはまだ考えにくいですが、そういったSFめいたもの、近未来的なものが、私は大好きです。

そういった近未来的なものに近づく技術を扱うカテゴリーをテクノロジーとしていこうと思っています。

端的に言うと技術革新的なテーマです。キャッチフレーズ的なものでいえば、「もう近未来はそこまで来てる」とかでしょうか。

ところで、技術のスピードが日に日に増しているような感じはします。毎日技術革新が起こってるんじゃないか?ってぐらい。1年後とかはどうなってるか、どこまで進んでいるのかが想像しにくいです。スマホからARとか空間タッチパネルとかになってるかもしれませんね。

そういった新技術とかは、とても楽しく面白いです。自分の知ってる得意分野でも、全く知らないような未知の分野でも、面白いです。

そういった楽しみや面白さをワクワクする感じを、伝えれたらと思います。

未知の分野だったら、もうそんなのが出来そうなんだと一緒になって共感してほしいですし、もう知ってるよという分野でしたら、凄い技術だよね、と一緒に期待しましょう。

テクノロジーについては、こういうところです。

これからどんどんと記事が書き溜めていって、もうこんな技術は普通だよってぐらいの時に読み返してみたいものですね。

記事を書き溜めれるように頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします。